MOVIES/STORY

その人生は、正か、死か。

2199年、日本。
人々が住む街から大きな壁を隔てた向こう、国と認められることのない地、『壁の外』。
そこに住む17歳の少女『マツリ』は、ゴミに埋もれた景色を前に、自分を捨てていった父への思いを日々募らせていた。
そんな代わり映えのしないある日のこと、壁に程近いゴミ山の中に一人の男が埋もれているのを見つける。
その男は『アイゼン』と名乗り、『鍵』を知らないかとマツリに詰め寄るのだった。
二人の出会いが、あらゆるものの人生を変えるとも知らずに。